努力は裏切ります。そもそも努力って何?真相がこちらになります

マインド

こんにちは!じゅんです。

 

僕が高卒で今の会社に入社した頃、努力は決して裏切らないと思っていました。

 

しかし、僕のやっていた努力はまんまと僕自身を裏切ったんですね。

 

まず、努力すれば成功できるのか?答えはNOです。

 

それじゃあ正しい努力をすれば成功できるのか?答えはYESです。

 

努力は努力でも、努力のあり方を間違えては成功はしないんですね。

 

じゃあ「正しい努力」ってどんなものでしょうか?

 

この正しい努力を意外とできてない人が沢山いるんですね。

 

正しい努力とは?

正しい努力とは目的に達する為の努力です。

 

例えばAさんとBさんにそれぞれ仕事を与え、定時までに終わらせてもらうことを伝えました。

 

Aさんは言われた仕事をガムシャラにこなしましたが、定時までに仕事は終わりませんでした。

 

Bさんは、言われた仕事をどう早くこなせるかを分析して結果的に残業せずに仕事を終えました。

 

AさんもBさんもどちらも努力はしていますが、”正しい努力”をしているのはBさんです。

 

何故なら目的が残業せずに定時で終わらせることに対して、Aさんは目的を達成する為の行動を起こさなかった反面、Bさんは目的を達する為には何が必要か?をしっかりと思考して結果を出したからです。

 

ゴールまでの道筋をしっかり立てることはビジネスにおいてとても重要なことです。

 

数学で数式を解く場合も同じですね。

 

式をしっかり理解して解くのと、理解せずにとりあえず解くのとでは前者の方が結果を出しますよね。

 

これはビジネスでも同じで、稼ぐ為の正しいやり方を実践しているかどうかなんですね。

 

稼ぎ方を分かっている人に教えてもらうのか、独学でやるのかでは同じ努力でも結果を残せるのは前者ですよね。

 

僕は独学が悪いと言っているわけでは無く、もちろん独学でも勉強になることはあります。

 

しかし、より結果を残しやすく正しい知識を身に付ける為には稼ぎ方を知っている人に教えてもらう方が早いということです。

 

もちろん教えてもらうにはお金を払わないといけません。

 

しかし、じゃあお金が無いから教えてもらうのをやめるのか?

 

僕は少し違和感を覚えます。

 

ビジネスで結果を残すことがゴールなら、その過程にはお金を払うことも必要です。

 

お金が無いからとか理由にはならないのです。

 

僕はお金を増やす為に物販をやりました。

 

それは、教えてもらう為にお金を準備する必要があったからです。

 

お金がない→お金を増やす→成功者に教えてもらう→結果を残す。

 

お金がない→独学で勉強→結果?

 

同じ努力だと思いますが、前者と後者だとどちらが結果を残せると思いますか?

 

答えは前者ですよね。

 

今回は努力のあり方について記事を書かせて頂きました。

 

このように目指すゴールは何なのか?努力の矛先を間違えずに正しい努力をすることはビジネスにおいてとても重要な心構えだと思います。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました