スポンサーリンク

あおり運転厳罰化!!自転車も対象に!?知らないと知らずに罪に問われる10の厳罰対象がこちら…

社会問題
ネクキャリLP
前 次 自分が「ネットビジネス」で価値を生み出す(稼ぐ)ことができるようになれば、主婦という枠に囚わ

6月30日から、道路交通法改正により処罰が厳しくなりましたね。

他の車両等の通行を妨害する目的での「急ブレーキ」や「車間距離不保持」などの違反に対し「妨害運転罪」が施行されることになりました。

最大で懲役3年、また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑にになります。さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることになりました。それでは一体どんな内容で取り消されるのでしょうか。

妨害運転10項目、事故はなくても即免取に!

「妨害運転罪」として下の10項目が対象となります。

(1)車間距離を極端に詰める(車間距離不保持)
(2)急な進路変更を行う(進路変更禁止違反)
(3)急ブレーキをかける(急ブレーキ禁止違反)
(4)危険な追い越し(追越しの方法違反)
(5)対向車線にはみ出す(通行区分違反)
(6)執ようなクラクション(警音器使用制限違反)
(7)執ようなパッシング(減光等義務違反)
(8)幅寄せや蛇行運転(安全運転義務違反)
(9)高速道路での低速走行(最低速度違反)
(10)高速道路での駐停車(高速自動車国道等駐停車違反)

▲『令和2年改正道路交通法リーフレット(出典:警察庁)』

バイク乗りが注意すべきは「車間距離不保持」

ただ一点、気を付けたいのは、「車間距離を極端に詰める(車間距離不保持)」です。
軽快な機動力と加速性能を持つバイクは、期せずして前走車との車間距離が近づいてしまうことがあります。車体が小さく周囲との間合いがつかみやすいため、特に低速時や信号停止などではうっかり前のクルマに近寄ってしまうこともありがちです。
また、トラックのなどの大型車両の後ろでは前が見えにくいため、前方の安全を確認するため、ついつい右に左にラインを変えてしまうことも……。バイクは路面などの影響を受けやすいため不安だからです。こうしたバイクにとっては通常の運転が、クルマのドライバーにとっては“煽られた”と勘違いさせる結果にならないとも限りません。
今回警察でも妨害運転等を未然に防止するため、「車間距離不保持」、「進路変更禁止違反」、「急ブレーキ禁止違反」等の道交法違反について積極的な取締りと厳正な捜査を徹底するとしています。
これにより、点数制度による処分に至らない場合であっても、必要とあれば危険性帯有者として運転免許の停止処分を積極的に行うと明言しています。我々ライダーとしても、そう見られない運転、ドライバーを不快にさせない運転を心がけるべきでしょう。

https://news.yahoo.co.jp

自転車の「あおり運転」も罰則される

 自転車の存在意義が高まり、その分、利用者の責任は重くなる。そう考えるべきだろう。
新型コロナウイルスの感染防止の一環として、自転車の利用が広がる中、改正道交法が30日に施行される。
自転車が、他の車両を妨害する目的で進路変更や幅寄せをしたり、逆走、不必要な急ブレーキ、しつこくベルを鳴らしたりする行為は、あおり運転と見なされる。
相手の運転手を威嚇するあおり運転は、車も含めてこれまで明確な定義がなかったが、今回の法改正で「妨害運転」と規定され、刑事罰も定めた。軽車両に分類される自転車にも適用され、罰金などの対象となる。

自転車でさえ社会のルールから外れた場合、どんな些細なことでも罰せられるということを肝に銘じておかなければならないということですね。

ネットの反応

 

 

 

 

この記事が良かったらシェアお願いします

参照https://news.yahoo.co.jp

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました