スポンサーリンク

オウム真理教の麻原彰晃100人の愛人ダーキニーとは?徳川大奥制度に憧れた麻原彰晃のヤバい性生活に驚愕する…

仰天

石井久子

参照https://chiebukuro.yahoo.co.jp

愛人の中で最も地位が高かったとされていたのが石井久子です。
その事が原因で正妻である松本知子との間によく喧嘩が見られたとの話もあります。幼少期から文武両道でしたが両親に大学進学を認められず短大に進学しています。会社の同僚だった飯田エリ子に誘われて、麻原彰晃のヨーガ教室である「鳳凰慶林館」を訪れています。
その後「オウム神仙の会」が発足し出家制度ができると、1986年6月に保険会社を退社して出家しました。
1986年6月に保険会社を退社して出家しました。教団内での管理番号は00001で、教団の中ではかなり早い段階でトップの階級に上り詰めました。教団の広告塔としても有名で、本人も宣伝写真のモデルになりたがるなどと積極的な一面もありました。
麻原彰晃との間には子ども3人(+死産1人)を産んでいます。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました