スポンサーリンク

安倍政権にNOを突きつける芸能人達。税金でぬるい仕事をする国会議員より血税払っている芸能人の方がよっぽど発言力あるわ…

社会問題

最近、安倍政権を批判する芸能人の声を多く聞きます。

元々日本の芸能人は政治的な発言を控える傾向にあります。

日本人はどちからというと八方美人が多いので政治的発言をしてしまうことで反対勢力から反感を買ってしまい、結果としてメディアを通して謝罪に追い込まれることも少なくありません。

そうしたことから仕事にも影響をきたすのであまり目立つことはしないのです。

しかし、今回の状況そうは言ってられない。

このコロナ禍で番組の収録もおろか、打ち合わせもできない。自分達に関わること、芸能人も必死なのです。

そこで今回、安倍政権を批判した芸能人の言葉をまとめてみました。

「NO安倍」芸能人の反逆コメまとめ

ビートたけし

緊急事態宣言について

「国会議員がこんだけ多いんだから、半分返せよ!カネ。国会議員は半分(議員報酬を)自主的に返すとか」「(国会議員は)全部ハイヤーついて、運転手ついて、自分たち安全だもん」「自分たちの給料(減らさずに)そのまま(全額)取ってんだもん。自分たちで率先して、こうします、こうします、ってやっていけばリードできるけど、なんだか人任せ」

 

小泉今日子

政府が配布する布マスクについて

「人間だから間違えや失敗は誰にでもあるだろう。一生懸命やった結果だったら人はいつか許してくれるかもしれない。でも汚らしい嘘や狡は絶対に許されない。カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない。」

 

笑福亭鶴瓶

コロナ禍での安倍政権について

「もっともっと前に、いろんな判断やってくれたら、早くやってくれたら死なんでええ人もおったと思うねん。早く判断せんで、コロコロコロコロ変わってきてるから」
「日本(の業者)に頼んだったらええやん。マスクを日本で作るという考えはないのかゆうねん。何億も使って。コロナがたくさん出てるところに、なんでマスク(の製造)頼むねん」

 

世良公則

自民党の甘利明議員のSNSについて

『今は我慢する時』と自分に言い聞かせ努力するのが日本人。そんな国民に政府は『はいはい。良くできました。もう少しです。頑張りましょう』と言える神経が理解できない」

 

梅沢富美男

10万円給付の麻生氏について

「なんだよ、手を挙げた人に10万円くれるって。全く失礼じゃないですか。お殿様気分でいるならいればいい。でも、あんたらをお殿様にしてくれたのは国民ですよ。給料はおれたちの税金ですよ。それを自分の金みたいなこと言って。あんな偉そうな口をきいて!」

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました