スポンサーリンク

【衝撃】新型コロナは○○に感染しやすく死亡リスクが大幅にアップする。その事実を知りあなたはゾッとする…

社会問題

 

新型コロナウイルスに非常に興味深い事実が判明しました。

肥満と新型コロナウイルスの関連性がヤバい

イタリアの学者グループの研究で肥満している人は他の人に比べて新型コロナウイルスに感染しやすく、また感染期間も長くなることが明らかにされました。研究結果をフォーブス誌が掲載しています。

実は新型コロナウイルスにより多くの感染者と死者を出したイタリアですが、病院の集中治療室(ICU)の中の患者のほぼ全員が肥満男性だったというのです。

一方、新型コロナウイルスで世界中から対策が生ぬるいと批判されている日本ですが、死者は100万人当たり5人と欧米諸国に比べると被害は二桁低くなっています。

各国の肥満とコロナの関係性を表すデータ

そして、肥満した人の感染がなかなか完治しないのは、脂肪の少ない人よりもウイルスが体内から出ていくためにより長い時間がかかることが明らかにされました。この他、肥満した人の免疫は反応が遅いため、ウイルスの増殖には都合がいい。また肥満指数も空気感染のしやすさに関係するとされます。

こうしたほか、肥満の人は体組織で慢性的な炎症が進行しているためにコロナウイルスにより感染しやすいのだ。

こうした理由から研究者らは、通常14日とされている自己隔離期間は肥満の場合、その倍の28日間にすべきと提案しています。

高齢者や男性の死亡者数の多さも肥満と関係する

肥満の人は、肺機能が低下して免疫システムが過敏反応を示すため、同ウイルスに感染した場合、通常の体重の患者に比べて、大きな危険にさらされる可能性があるという。

イギリスの研究チームは「生存確率が低い人は、主に高齢者であるか、肥満男性に多かった」とし「中国とは異なり、英国では性別や肥満かどうかが死亡に関連する重要な要素であった」と説明した。

男性患者の場合、すべての年齢層で女性より重症の症状が現れた。

実はこうした症状は2009年の新型インフルエンザ・パンデミックでも同じような症状が見られたそうです。

以上、このことから日本を含めアジアではそれほど死者が増えなかった理由に肥満の人の少なさが関係しているのではないでしょうか?

この記事が良かったらシェアお願いします

 参照https://matome.naver.jp

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました