スポンサーリンク

新聞を開くと「密」な人々の写真が目に飛び込んだ。思わず眉をひそめ眺めると、写真には重大な秘密が隠されていた…

その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、人と人の距離を空ける(ソーシャルディスタンス)は我々の常識(マナー)となりつつある。

そして、それはメディアや新聞にとって非ソーシャルディスタンスを批判する格好のターゲットとなりました。

しかし、そうしたメディアなどの写真の切り抜きは十分注意して見る必要がありそうです。

なぜなら写真の撮り方によっていくらでも印象操作ができるからです。

 

これから紹介する画像はそうしたからくりを暴くものになります。

これを見た後あなたの物の見方は少し変わっているでしょう。

鵜呑みにしてはダメな11の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

これら写真は、望遠レンズを使い意図的に作画効果を狙った写真になります。このようにして「ギュッと集まっている」イメージが簡単に作れてしまいます。

これから先ソーシャルディスタンスを守らない人々の写真などを切り抜き批判を誘う写真がいくつも出てくると思います。

しかしそこで見る側も一端立ち止まり、正しい写真なのかどうかを判断し、見る目を養っていかなければならないのではないでしょうか?

 

この記事が良かったらシェアお願いします

 

 

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました