スポンサーリンク

【告発】最後まで読んで下さい。この女性は一部内容をカットされメディアによって印象操作されました。その内容を知ったあなたは開いた口が塞がらない…

社会問題

テレビの街頭インタビューを受けたとある大学生の発言が大きな批判の嵐を巻き起こしてしまいました。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、感染拡大を封じ込めるカギは、若者の行動であると言われています。

行動範囲が広く、アクティブな若者たちが外出を控えれば、感染拡大は大幅に抑えられるというのがメディアの見解で、若者の良識を疑いたくなるような発言の数々が取り上げられ話題になっています。

「自分は死なないという謎の自信がある」
若い層はたとえ感染したとしても重篤化のリスクが低いということは事実です。

この大学生の発言は、人々から顰蹙と失笑を買い、若者たちの株をさらに下げてしまいました。

これら報道を見た人からは「ありえないよね」などの批判が出るのは当然です。

しかし放送の翌日、匿名の人物がTwitter上に投稿した文章は、さらに多くの人の目を引きました。

そのツイートがこちら 

このツイートによると、インタビューを受けた大学生は、そもそも普段外出は控えていると言っていたにもかかわらず、次々と誘導するかのように質問を浴びせられ、最終的にテレビ局が欲しい部分だけを切り取られて放送されていたと言うのです。テレビ制作者による印象操作である可能性が浮上したのです。

メディアを含めた世間は、若い層だけが無責任に外出しているかのような印象を持たされています。

しかし今、このような印象に疑問が投げかけられています。一部の調査によると、若者がイベントなどの行動を自粛する傾向が見受けられたのに対し、もっとも外出を自粛していなかったのは、60代であるという結果が出ています。

しかし、メディアにおいては、一部を切り取って特定の何かを悪役に仕立て上げることは容易です。

今一度、メディアの情報だけを鵜呑みにせず、広い視野で見る必要がありそうですね。

参照https://www.imishin.me

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました