スポンサーリンク

彼女は死亡宣告を受けた。しかしその10時間後彼女に奇跡が起きた。その事実にあなたは涙を流す。

仰天

biglobe.ne.jp

この世には、現代の科学では証明できない現象が存在する。

今回紹介する事例もその一つです。

死亡宣告を受けた女性が10時間後に奇跡の復活

2月17日の午前6時頃、ウクライナのストリザフカに住む83歳のクセニア・ディドゥフさんの容態は悪く、家族からその知らせを受け、駆け付けた救急隊員はクセニアさんがもう長くないことを悟った。

医師は手の施しようはないと家族に告げ、家族は同意し、自宅で静かにその時を待つこととなった。

その後、クセニアさんは家族に見守られながら、静かに息を引き取り、警察と再び駆け付けた救急隊員。

バイタルサインをチェックし、心電図を実施しましたが、心臓の活動はまったく見られませんでした。

そして警察と救急隊員の両方から家族に死亡が宣告された。

悲しみに暮れながらも家族はすぐに葬儀の準備を始めました。

地元当局は彼女の死亡証明書の作成依頼の通知を受け、墓掘りが雇われ、地元の司祭が最終的な儀式を行うよう段取りを進めた。

しかし、その日の夜、女性の娘は奇妙なことに気づきました。
午後7時30分頃、娘は彼女の額に触れると暖かったのです。さらに彼女の脇も暖かく、母親は生きていると確信した娘は、死亡証明書を破棄するために書類を破りました。

2月17日午後9時08分、クセニアさんは救急車でヴィンヌシア病院に搬送された。

だが、37年以上の経験を持つ集中治療医であるウラジミール・チェボタレフさんは、運ばれてきたクセニアさんをステージ3の昏睡状態であり、生命の兆候はほとんどないと判断した。

しかし、医師は注意深く監視を続けていると、女性はすぐに昏睡状態から抜け出し、その後、医師によりクセニアさんは健康に問題がない状態であることが確認された。

クセニアさんは天国で父親に会っていた

bungu-uranai.com

クセニアさんは、その後地元メディアの取材で「昏睡状態の間、どこにいたと思うか」と尋ねられ、このように応えている。

私は近くに父親を感じ、すぐに会えると思ったので呼んでみました。私はあの世の暮らしはどんなものかを聞きたかったのですが、気が付いたら目の前には白い服を着た人々が立っていました。

私は彼らが天使だと思っていましたが、ここは現実で実際は医者でした。

私自身は看護師として働き、人々を救いましたが、今度は神様に救われたようです

 

クセニアさんの葬儀を行うために準備していたストリザフカ司祭のローマペトリック氏は、女性の復活は神のご加護によるものだと語っています。ローマペトリック氏は「神はこの老婦人に命を与えた。これは私が見たのは初めてです。」と語っています。

ヴィンヌシア地域病院の副医官であるテティアナ・カティロワ博士は言いました。「私は20年間医師として働いてきましたが、このようなものは見ていません」と。

ウクライナのニュースポータルTSNによると、クセニア・ディドゥクさんは現在、彼女の年齢の割には元気に過ごしていると語っています。

参照Oddity Central

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました