スポンサーリンク

【緊急事態】今、売り場から消毒用アルコールが消えている!?その衝撃の理由に阿鼻叫喚の声が…

その他

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。

日本でも感染者が増え続けており、国内初の死者も出た。

さらに、世界中でマスク不足が騒がれているなか、今度はアルコールが不足している。

新型コロナウイルスの消毒に効果があるとされるアルコールですが、効果があるのは

消毒用」アルコールです。

知っていますか?

実は、アルコール成分の違いとして、「エタノール」と「メタノール」があります。

主に消毒用に使われるのは、「エタノール」。

そして、絶対使ってはダメなのが安いアルコール。

安いアルコールには、有害なメタノールが使われており、決して消毒に使ってはいけないです。

実はこの事実を知らずに、燃料用の安いアルコールを買う人がいるそうです。

エタノールとメタノールの見分け方は?

エタノールとメタノールは同じアルコールの仲間です。

それでは何がどう違うのでしょうか?

エタノール

エタノールは、サトウキビなどの糖質とジャガイモなどのでんぷん質を発酵させて作られ、薬局などで消毒用として販売されています。

 

メタノール

天然ガスや石炭などから作られます。

ホルマリンの原料、アルコールランプなどの燃料として広く使われています。

エタノール(エチルアルコール)は普段私たちが口にするお酒と同じアルコールで、体内で無毒化されるので、過度の摂取に気を付ければ死ぬことはないですが、一方燃料用の安いアルコールは、毒性の極めて高いメタノール(メチルアルコール)が混ざっており、吐き気やめまいの他に、昏睡、発作などの意識障害を起こす恐れがあるほか、症状が進むと失明したり命を落としたりする危険があります。

「エチルは胃散るアルコール、メチルは目散るアルコール」と覚えましょう。

実はエタノールは3種類ある

無水エタノール
エタノール
消毒用エタノール

この3つがあります。

無水エタノール

無水エタノールはエタノールを99.5%以上含むもの。

エタノール

エタノールを95%以上含むもの。

消毒用エタノール

エタノールを80%前後含むもの。

これら全てエタノールだから、消毒用に使っても良いのか?と思われるかと思いますが、消毒や殺菌に最も適しているのは、濃度を80%前後に薄めた「消毒用エタノール」です。

じゃあ他のエタノールは消毒用に使えないかと言うと、結論から、薄めて使えば消毒用として使えるそうです。

正し、薄め方に気を付けることが重要です。

日本薬剤師会の村松章伊常務理事は「消毒効果を高めるためにはエタノールの割合を60~90%程度にすることが重要なので目安としては、500ミリリットルの無水エタノールに対して精製水を125ミリリットル程度入れて薄めることが必要です」と説明しています。

精製水とは?

精製水とは、精製された不純物のない綺麗な水のこと。

ドラッグストアや薬局のコンタクト用品売り場にあり、だいたい500ml、100円弱で買えます。

新型コロナウイルスの影響でマスクのほか、消毒用エタノールまで品薄状態となる状況。

しかし、アルコールは種類によって効果、用途が全然違うため、その属性をしっかり見極め、間違いのないように注意して購入しましょう。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました