スポンサーリンク

げげっ?!?!マンガであった身長を伸ばす手術が実在した!!こ、これは痛過ぎて失神するわ…

その他

アメリカの医師は言う。

治療期間は1年ほど。クリニックを訪れるのは身長を8~12センチ伸ばしたい男性たちで、この治療が豊胸手術や鼻を高くする手術と同じくらいポピュラーになると予測しており、今後ますますの患者増を見込んでいる。と。

その治療方法とはいったい!?

足を長くできる治療方法とは?

治療方法は聞くだけだと極めてシンプル。

まず、太腿か脛の骨を切断する。そして、内部に棒状のデバイスを埋め込んで固定する。

手術時間は1時間半ほどで、X線画像を見ながら行うため、太腿か脛に小さな傷が4~6個付くだけ。骨の中に埋め込まれたデバイスは外部操作で1日1ミリずつ伸ばすことができ、患者は毎日ゆっくり、少しずつ骨を伸ばしていくという仕組みだそうだ。因みに費用は7万5千ドル(約824万円)かかる。

そして、痛みのことには触れられていませんが、おそらくかなり痛いです。

また、この治療方法を、ISKD法と言います。

The+1

下、2枚の写真は、実際に身長を伸ばした方。

Oddity Central

 

実は日本にも存在していた!?

足を伸ばす治療は古くから存在していたと言います。

ある日本の医院では、脛骨を切り、延長器と呼ばれる器具を皮膚と骨に挿して固定し、上下に引っ張ってすき間を作り、骨の修復力を利用して少しずつ伸ばしていくというやり方があるそうです。1日に1ミリ、最大で10センチくらい伸ばすことができるそうだ。しかし、傷は残るし、骨に直接器具を固定して過ごすので、そこから細菌が入って骨髄炎を起こし手術が失敗になることも稀にあり、かなりハイリスクな手術とのこと。さらに、美容目的では自費診療になるので、費用は1000~ 2000万円もかかる。2年近く仕事も休んで入院していなければならないため、希望者はほとんどいないとのこと。

The+1

しかし最近では、ISKD法を使用した医院が日本にもできたそうです。

西新宿整形外科クリニック

 

わざわざアメリカに行かなくても日本で受けれるのは安心ですね。しかし、仮に手術を受け、そして成功したとしても、痛みは想像できず、老後どのような症状が訪れるかは未知数です。

それでも興味がある方は、一度日本のクリニックにでも訪れてみてはいかがでしょうか?

参照 トカナ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました