スポンサーリンク

彼女は外遊びから帰ってきた息子の手を特殊な皿に押しつけた。そこにはゾッとする光景が・・・

スポンサーリンク
仰天映像
スポンサーリンク

アメリカ人女性が面白い実験をしたって!

 

外遊びから帰ってきた8歳の息子の手を、すぐに特殊な皿に押し付けたらとんでもなくヤバイものが見つかったらしい・・・

 

 

しっかりと手の形をしているが、これらは様々な微生物により形成されているのである。

 

アメリカ・カリフォルニア州にあるカブリオ・カレッジの微生物学者ターシャ・シュトゥルム氏は「寒天培地のゼリーで満たしたシャーレに8歳の息子の手を浸け、細菌の手形を作りました」と語った。

彼女は、そのシャーレを実験室の培養器に入れた。人肌の温度で温められ、浸した栄養分を得た細菌やカビが息子の手が触れた部分で育ち始めた。Huffpost

 

一見細菌と聞くと、引いてしまいがちだが、手や皮膚には細菌がいるのが正常です。

 

シュトゥルム氏は、「細菌はどこにでもあります。私たちは、日々このような細菌と接触しながら、むしろ免疫力を強化することができます。しかし現在は、細菌に対して必要以上に潔癖症になっているようです」と伝えた。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました