スポンサーリンク

ビリなのに拍手喝采!?国境を越えた二人の選手に世界が賞賛。

スポンサーリンク
感動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国境を越えた友情に世界が賞賛

 

27日に開幕した世界陸上(ドーハ)で拍手喝采の感動的なシーンがあった。

 

男子5000メートル予選で国境を越えた友情のシーンが世界中のファンから感動を呼んでいる。

 

<すでにトップの選手が競技を終えた後、 残るランナーは、ギニアビサウ共和国のブライマ・ダボとアルバ代表のジョナサン・バスビーの2人だけ。

 

後方2番手を走るバスビーは、ゴールまで約200メートルを残し、足元がおぼつかない。

 

その姿に、見ている誰もがゴールできないと思った。

 

しかし、その時だった。

下位2選手が同時にゴール

 

最後方から追いついたダボ。追い抜いて順位を上げるかと思いきや、ゆっくりと寄り添い、バスビーの左腕を引き上げようと手を差し伸べたのだ。

 

今にも倒れそうになるバスビーの肩を担ぐ。もたれかかったライバルを担いだまま、ダボはペースを合わせ一緒に走りだした。

IAAFも「スポーツには自分のパフォーマンスだけではない、もっと大きなものがある」とツイッターに動画付きでつづった感動的なシーン。

 

会場からは割れんばかりの大歓声が注がれた。

2人は並んでゴール。バスビーはその場で仰向けに倒れ込み、ダボはなんとか完走したバスビーの背中をポンと叩いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました