スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年の命と引き換えにこの世を去った愛犬。この「死」は約束されたこと。その意味を知ったあなたは思わず涙する。

スポンサーリンク
感動
スポンサーリンク

場所は米フロリダ州中部のウェブスター。

 

9月23日一人の少年、名前はオーライリー君(10)が自宅の庭で遊んでいた。

 

すると、愛犬のピットブルテリア犬「ゼウス」が突然、オーライリー君の方に飛び込んできた。

 

最初、ゼウスが落ちていたひものようなものに飛び掛かったのだと思っていたという。

 

しかし、ゼウスが飛び掛かったものの正体はなんと毒ヘビだった。

 

毒ヘビの種類は猛毒を持つサンゴヘビ。

 

ゼウスは必死にヘビをオーライ君に寄せ付けまいとした。

 

そこへ兄のオライオン君(11)がゼウスの水を取り替えようと庭に出てきた。

 

するとゼウスはヘビの上に覆い被さるようにして、子供達に近付けさせないようにした。

 

このとき子供達はまだゼウスが毒ヘビと格闘してたとは知らない。

 

子供達はゼウスに駆け寄った。

 

そしてゼウスの身体をどけるとヘビが。

 

そしてゼウスの身体を見るとそのヘビに身体を4か所も噛まれていた。

 

ゼウスはヘビの頭を食いちぎって飲み込んでいた。

 

その壮絶な死闘の様子が分かる写真がこちら。

家族はすぐに近くの動物病院に駆け込み、ゼウスに抗毒血清が投与された。

 

 

しかし、家族の願いも虚しくゼウスは息を引き取った。

 

 

 

一家はゼウスの母犬の「セガ」を連れ病院でお別れした。

 

セガはゼウスの頭の方へ行き、台に前足を乗せてにおいをかいだ。

 

セガは耳を倒し、足を降ろすとソファに飛び乗り少年達の母親(リチャードさん)のひざに顔をうずめた。

 

ゼウスの母親も悲しみに暮れていたのだろう。

 

リチャードさんは「もしゼウスがいてくれなかったら、子どもたちの1人を亡くしていたかもしれない」とゼウスへの感謝の気持ちは生涯忘れないと言う。

 

そして実は、このゼウスの命日が命を助けたオーライリー君の誕生日だったのだ。

 

これは運命なのだろうか?

 

ゼウスはオーライリー君の明日を紡いでこの世を去った。

 

オーライリー君の命を繋いだゼウス、今頃は天国でゆっくり休んでいるのだろうか?

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました