スポンサーリンク
スポンサーリンク

【決して忘れてはならない】千羽鶴をひたすら折り続けた1人の少女の人生にあなたは涙する

スポンサーリンク
感動
スポンサーリンク

あなたは広島平和公園にある一人の少女の像をご存知でしょうか?

 

テレビを通して見たことある、もしくは現地に行かれて見たことはあるのではないでしょうか?

 

この平和公園の象徴とも言える像ですよね。そして、この像にはモデルになった少女が居たことはご存知でしょうか。

 

名前は佐々木禎子さん。(ささきさだこ)享年12歳。

 

佐々木禎子さんはその短い生涯を誰よりも懸命に生きました。

 

禎子さん(苗字は割愛)が死ぬ間際に呟いた最後の言葉があります。

 

それは「お父ちゃん、お母ちゃん、みんなありがとう。」この言葉を最後に天国へと旅立っています。

 

これからその短くも懸命に生きた生涯を振り返ってみます。

 

スポンサーリンク

千羽鶴に秘められた禎子の想いとは

佐々木禎子さんが生まれたのは1943(昭和18)年1月7日。理髪店を営む佐々木家の長女として誕生しました。

真ん中の母親に抱かれている子供が禎子さん。

禎子さんが2歳のときだった。

実家から僅か1.7㎞のところにアメリカ軍によりそれは落とされた。

 

 

FILE – In this Aug. 8, 1945 file photo, the shell of a building stands amid acres of rubble in this view of the Japanese city of Hiroshima. On Aug. 6, 1945, a U.S. plane dropped an atomic bomb on Hiroshima, the first nuclear weapon has been used in war. Japan surrendered on Aug. 15, ending World War II. (AP Photo/Mitsugi Kishida, File) ORG XMIT: XEH505

ご存知の通り原爆です。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました