スポンサーリンク

煽り運転がスマホに乗ることで無くなる?!次世代型車両とは!!

ニュース

ソニーとヤマハ発動機は21日、現実の映像とリアルなコンピューターグラフィックス(CG)を組み合わせた「融合現実(MR)」を乗客に見せながら走る、まったく新しい自動運転車両を商品化したと発表した。「スマホに乗る」が開発コンセプトで超高精細スクリーンやセンサーも搭載しており、スマートフォンのようにアプリや配信コンテンツ次第でさまざまな超現実的体験を提供できる。両社はこの車両による観光施設などでのサービスを今年度内に開始予定で、次世代の体感型コンテンツが楽しめることになりそうだ。

夜のゴルフ場内をゆっくりと走る車両。暗闇の前方から黄色や赤など色とりどりの鳥の群れがけたたましく鳴いて飛んできて、乗客は思わず腕で顔を防いだ。だが、車両の周囲は静まりかえっている。群れや鳴き声は、リアルに合成されたデジタル映像だったのだ。

「ソーシャブルカートSC-1」と名付けられた、「スマホ化」された車両の最大の特徴は、窓ガラスと運転席がないことだ。

フロントガラスの代わりにソニーの「ブラビア」でも使われる高精細4Kスクリーンをはめ込んでおり、物理的には前が見えない。だが四方に設置した、人間の視覚能力以上の超高感度センサーを通じた風景を映すことで、乗客は闇夜でもクリアに周囲を見ることができる。スクリーンは49インチの大型で窓ガラスがないことや風景とCGが重なることにも違和感が生じず、移動と一体となったコンテンツが体感ができるという。

また、ヤマハ発が手がける自動運転のゴルフカートがベースで、私有地内での低速利用に限って誘導線に沿った自動運転ができるうえ、超高感度センサー映像による遠隔運転席からの操作も可能。このため、運転席も存在しないのだ。引用 産経新聞

えっ何この話?!現実の話?と思われると思いますが、これは現実的に進んでいる話のことのようです 。
自動運転+MRというスペシャルな車両を商品化したという。

いや、そもそも車が自動運転することがすごいことなのに、さらにCG見せちゃおうとはソニーとヤマハさんすごいこと考えたなと。

スマートフォンの普及も20年前だと考えられなかったですよね。
液晶パネルを指で操作なんて無縁のことかと思っていたが、しかし今では当たり前の存在になりました。
ほんとに時代の流れは早く、一瞬にして非常識が常識になっていく様を今目の当たりにしているのかと思います。

そして今問題になっている煽り運転。

煽り運転とは、ストレスから来るものです。

やはり運転中は、前後、横の車との車間距離や、標識、目的地への道のりなど様々なことに注意を向ける必要があります。

それは心理的なストレスとなって運転者に降りかかることになります。

しかし、この問題も自動運転がもっと浸透して、当たり前の環境になれば無くなっていくだろうし、運転しながらCGも見れるなら煽るなんて気持ちにはなれない、少なくとも僕はそう思います。

そもそも、煽るっていう行為自体がストレスからくるものなら、それなら走る行為にエンターテイメント性が加わることで、それは楽しい時間になり、ストレスから解放される時間になるということ。

自動運転そのものは、現時点での市販テクノロジーとしては、自動運転レベル2(高度運転支援システム)にとどまっているが、技術革新はどんどん進んでいき、限られた状況ながらドライバーは何もせずにすむ「レベル3の自動運転」の国内市販も近づいているそうだ。

レベル3までいけば、スマートフォンを構いながら運転が出来ると言われています。
因みに居眠りができるのがレベル5だと言われています。
要するに自動運転化が進むにつれて、運転者のストレスは下がっていく、それは煽り問題が解消されるきっかけになるのではと僕は思います。

そして、今はまだ観光施設や商業用にしか使われないであろうCG車両。
これが一般車両に使われ始めたら、いよいよ走りそのものが楽しいことに。
そして実はそう遠くない未来、CGを見ながら安全にストレスなく目的地へと行ける未来が待っているかもしれません。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました